◆日程:2021/11/19-21
◆形態:山スキー
◆人数 5名(T村盛、T村恵、Y科、S佐、I崎)
◆ルート:
11/19
室堂平12:00〜2668m13:15〜室堂平13:45〜雷鳥荘14:45
11/20
雷鳥荘7:45~11:15真砂岳2861m11:30〜雷鳥沢キャンプ場12:45〜雷鳥荘13:30
11/21
雷鳥荘7:45〜8:45室堂駅9:15〜一の越10:30〜立山雄山12:00〜一の越13:00〜室堂駅14:15

報告:I崎

11/19
扇沢駅で全員集合し9:30のバスに乗り込んだが、平日の2便だということでガラガラ。
室堂駅に着くと快晴、無風の好天。不要な荷物をコインロッカーにデポして浄土山を目指す。
雪は昨年より少なく岩がかなり頭を出していて滑走時には注意が必要だ。
初日の足慣らしということで2668mの小ピークまでとし、槍や笠ヶ岳を拝んで初滑りとなったが、こんなに下手くそだったかなと思うほど腰が引けターンがぎこちない。半年のブランクのせいなのか老化のせいなのか?
ともかく無事滑り降りて荷物を回収して今宵の宿雷鳥荘にシールを付けたりスキーを担いだり各々向かうが、担ぐのが一番速かった。
到着後は立山連峰を眼前に望むベンチでジョッキを片手に至福の時を過ごした。

11/20
本日も穏やかな晴天。雷鳥沢キャンプ場に滑り降りてから真砂岳へ。雪崩の危険もないので沢筋を詰めて2600mで尾根に乗り2800mでスキーをデポして頂上を目指した。
360度の絶景を楽しんだ後はデポ地からの大滑降が待っていた。雪質も良く各自大シュプールを描きながら雷鳥沢に落ちて行く。うーんマンダム。昨日より少し上手くなった気がした。
S佐さんはお仕事の為、残念ながら今日でお別れ。でも初立山を満喫したでしょう。

11/21
今日は荷物を室堂駅にデポして立山雄山へ。一の越でアイゼンに履き替え、お疲れモードのY科さんのお見送りを受けて3人は頂上に向かった。時々砂礫の洗礼を受けながらも無事登頂、3日間の好天の御礼をしてから下山開始。一の越から一滑りで室堂山荘下まで滑り込み、わずかな登り返しで無事室堂駅に帰着した。
今季は雪が少し少なかったが、その他雪質、景色、温泉、食事等全て良し。当面立山詣では辞められそうにないなぁ。
メンバーの皆さん、来春もよろしく。