◆日程:2021/5/14~15
◆形態:縦走
◆人数:1名(I崎)
◆ルート:平標山〜谷川岳〜蓬峠〜土合

報告:I崎
5/14
学生時代以来となる上越国境の縦走に行ってきました。
火打峠の登山口を早朝に出発、平標山の登りで少し残雪を踏んだがその後谷川岳まで縦走路に雪はなかった。途中の避難小屋も全て使用可能だった。
平日ということで出合ったのは仙ノ倉山でトレラン中の1名のみ。
谷川岳を過ぎると残雪が多くなる。茂倉岳の避難小屋を使用するつもりだったが屋根まで雪に埋もれており断念。登山道の土の出ている部分にテントを張った。
5/15
夜間、星が瞬き水上や湯沢の街の灯りが見えていたが、出発して武能岳を見ると南側から雲が滝となって流れ落ちている。
強風とガスの蓬峠に着いて思案、縦走は辞めるとしてどっちに降りるか。土樽のほうが近いが電車に2時間以上待つことになるので土合に向かうことに。しかしトラバース道に入ると豊富な残雪が登山道を隠しガスの中GPS片手に行動する羽目に。しかもだんだん横切る沢筋の傾斜が急になってきてついにアイゼンを装着、白樺避難小屋まで気が抜けない下山だった。その後は倒木をまたぎ増水した沢を徒渉し咲き始めたツツジを眺めながら土合に戻った。
コースタイム
5/14
平標山登山口04:30〜平標山07:30〜万太郎山11:30〜谷川岳15:00〜茂倉岳17:00
5/15
茂倉岳04:00〜武能岳06:00〜蓬峠07:00〜白樺避難小屋08:30〜土合11:30