◆日程:2022/1/15-16
◆形態:雪山登山
◆人数:3名(A原、S京、I崎)
◆ルート:火打峠〜1700m幕営地〜平標山〜幕営地〜火打峠

報告:I崎
 当初は小出俣山に登る計画だったが前日の大雪で断念、トレースが見込める平標山に変更した。
上毛高原駅で2名ピックアップして火打峠に着くと約10台停めてある。しめしめと思っていたら早くも単独のスノーシュー登山者が下山してきた。聴いてみると「ラッセルが厳しくて2kmほどで諦めた、ボーダーが数人登って行った」とのこと。暗雲が立ち込めてきたがボーダーの奮闘を期待して出発。トレースを外すと膝まで潜るので忠実に辿って行くとボーダーが、その後スノーシューの登山者が降りてきた。「尾根まで登ったが視界が悪く夏道まで合流出来なかった」
やった尾根までトレースがあるぞ!1700m付近の尾根まで登り幕営出来た。

 翌日は快晴無風の絶好のアタック日和。しかも6時にはもう登山者が上がってきてトレースを付けてくれた。アイゼンとワカンを併用して快適に登ること1時間、平標山の頂上に到着し360度のパノラマを楽しんだ。
山スキーでの日帰りもいいが、ゆっくり幕営の雪山登山もなかなか乙なものでした。

コースタイム
1/15 火打峠10:20〜1700m幕営地14:20
1/16 幕営地7:00〜平標山8:05〜9:00幕営地9:30〜火打峠10:50

DSC_0070

DSC_0071

DSC_0072

OLYMPUS DIGITAL CAMERA