◆日程:2020/7/19-20
◆形態:無雪期登山
◆人数:1名

報告N谷

旅行中止になり…トレーニング山行へ
塩山駅から大弛峠までのバスは予約が必要ですがコロナの影響でバスも人数制限運行しているので当日キャンセルしても料金徴収とのことで予約時に住所まで聞かれました。
バスの乗車人数は6人でしたが大弛峠に到着したら駐車場が約30台満車状態で驚きました。
19日は日曜日で予報より天気は良く日差しが強かったので金峰山方面に日帰りした人が多かったようです。
天気が良い間に行動しようと思いこの日は先に北奥千丈岳-奥千丈岳に行き大弛峠に戻り峠から反対方向の朝日岳にも行きました。
大弛小屋は大弛峠から1-2分の位置で本格的な登山をしない人も食事だけでもできます。
小屋入口のドアにはマスク着用の注意紙が貼られ受付台にはスーパーのレジと同じくビニールが掛けられていました。
小屋主はテーブルなどアルコールで拭く頻度が高くなったので手が荒れちゃったよと…
私は一応袋状のシルクシーツを持参しましたが小屋主からお布団が顔にあたる所に使ってと不織布を渡されたので使ってみました。
不織布はお花屋さんでギフト用にラッピングしてもらう時によく使われる軽くて柔らかい薄です。
1mの幅のロール状で1人1.8mごとに切れるようになっており1人分はたっぷりあります。
寝相が悪くても朝まで布団にしっかりついていると思いました。宿泊者は6人のみ…相部屋でしたが1組づつ薄いカーテンが掛けられ仕切られていました。
トイレにもアルコールスプレー置いてあります。
素泊りだったので20日も天気が良い間にと早め出発し国師ヶ岳では富士山も見れました。
国師ヶ岳から両門ノ頭までは倒木も多々ありましたが登山道は前日の好天で乾いており10時少し過ぎには甲武信ヶ岳に登頂しました。
前日はたくさんの人に会いましたが20日は平日の月曜日でもあったので甲武信ヶ岳までは1人しか会いませんでした。
甲武信小屋に泊らないで下山すること伝えようと小屋に少し入りましたが…その範囲ではビニールが掛けられている様子はなかったです。
甲武信小屋では予約時に大弛小屋と同じく小屋内マスク着用以外に布団が顔にあたる所と枕用にタオル2枚持参と言われました。
下山の徳ちゃん新道…以前甲武信小屋に宿泊した時に名付親の小屋主の山中徳治さんが戸渡尾根に新道をつくる際に学生約100人位歩かせて踏み跡つけさせたと聞きました。
近丸新道は一部崩落状態で徳ちゃん新道を利用するよう看板が出ています。
西沢渓谷までの登山道でも1人しか会いませんでしたが下山したらマイカーで渓谷散策に来ている人々いました。
前回徳ちゃん新道を歩いた時にも思ったのですが登山道両側にしゃくなげの木がいっぱい…いつか花が満開の時に歩いてみたいと思いました。

☆今回の縦走で瑞牆山から高水三山までの登山道がつながりました。
主な山々は…
瑞牆山-金峰山-朝日岳-国師ヶ岳-甲武信ヶ岳-雁坂嶺-笠取岳-飛龍山-雲取山-長沢山-都県境尾根(長沢背稜)-
酉谷山-天目山-蕎麦粒山-川苔山-棒ノ折山-高水三山-青梅駅まで、また瑞牆山から雲取山登山口の鴨沢からバス停2つ先の深山橋停から三頭山-月夜見山-御前山-大岳山-日の出山-青梅駅まで三頭山-槇寄山-生藤山-陣馬山-高尾山口駅までもつながりました。

☆瑞牆山荘バス停-小川山-金峰山荘の間を歩けたらいいなと思っています。
 どなたか歩かれた方いらっしゃったら、また歩かれたいと思っている方がいらっしゃったら是非教えていただきたいです。
                                         以上