◆日程:2016/8/7
◆形態:沢登り
◆ルート:用木沢出合~モロクボ沢~水晶沢~稜線~雷木沢右岸尾根~用木沢出合
◆人数:3名

計画者の事情により計画が二転三転して、最終的にモロクボ沢~水晶沢へ前夜発日帰りで行ってきた。
前夜西丹沢まで入り、早朝に用木沢出合に駐車。
30分ほど歩いてモロクボ沢入渓。
平凡だったが、いきなり感動ものの大滝。直登できず右岸を高巻く。
ルンゼ状のところを登るが段差の一歩が大きく、苦労する。
その後、釜と小滝が続き、丹沢らしくないスケール。
陽が射すととってもきれい。
それも長くは続かず、ゴーロになり、水晶沢出合。
水量減って迫力欠けるものナメが続く。
しかし容赦ない日射と水が枯れてきて、詰めあがるのをあっさり断念。
遡ってきた沢を下降した。大滝では懸垂下降で下った。
真夏のかんかん照りの時より新緑の時などが似合う沢だと思う。

I井

詳細はこちら

■8/7 モロクボ沢~水晶沢(丹沢)
http://blogs.yahoo.co.jp/imai_tr/56138488.html