◆日程:2021/4/11
◆形態:山スキー
◆人数:2名 I崎、S佐
◆ルート:石抱橋〜道行山〜駒の小屋〜越後駒ケ岳〜白沢1250m〜石抱橋

報告:I崎
 2年前の4/17にもS佐さんと同じルートを登っているが果たして今年の雪はどうか。
 朝一で登山口に行くと10台以上の車が停まっている。山中にどんだけ泊まっているのか、越後駒ケ岳はそんなに人気があったかな?
 石抱橋からの林道は側壁の地肌が見えており、道行山の尾根は藪が出ている。明らかに雪融けが早く進んでいる。なんとか雪面をトラバースしながらクトーを付けて登って行くとスキーヤーが降りてきた。小倉山に幕営したそうで駒の小屋にも数パーティ、頂上にもテントがあったそうだ。
 3時間かけてようやく道行山に登り着くと越後駒ケ岳がドンと見えた。やはり遠いがここからは緩い登りで距離を稼げる。ところどころにある大きな雪の亀裂をかわし駒の小屋直下の急登はスキーを担ぎ快晴の山頂に到着。
 所要時間6時間10分、2年前より10分短縮していた。
 下りは山頂稜線南側の沢筋を選択して駒の小屋の下部を通って百草丿池まで一気に滑り降り、そこから白沢を1250mまで極上ザラメを堪能した。稜線まで200m登り返してマイシュプールを振り返り、余韻に浸りながら下山した。

コースタイム
石抱橋06:00〜道行山09:00〜駒の小屋11:45〜越後駒ケ岳12:10〜白沢1250m13:00〜石抱橋15:40