期日 2020/12/12-13
ルート 日光白根菅沼ー弥陀ケ池BC-日光白根・五色沼
メンバ :N野、H多、T村M/E

12/12土 曇 07:30京王堀之内駅(圏央道)沼田・片品・菅沼P12:00?-14:30弥陀ケ池BC
堀之内駅はロータリーが広いわりに、一般乗用車が入れない。それでもコンビニ隣接でコーヒーが飲めてありがたい。
圏央道廻りで関越は初めてだが、渋滞なく快適。車も走行がスムーズで、いい車は違うと実感。SAで給食までして、ゆとりで入山。路肩に雪あるが路面には無く。ワカン・ハーネス、スコップ2、プローブは残置とする。一応ビーコンチェックして入山。
一面雪はあるが、被っている程度。水2Lペットを共同装備で背負ったが雪水は大丈夫であろう。暑い。泊まりは少ないようで、すれ違う日帰り登山者に驚かれる。
弥陀ケ池に着くが、ガスで白根は見えず。池北端の土に設営。雪水は池の氷上からきれいな雪を採れる。
例によってちんたら水作りしながら飲む。montbellのコーヒーフィルタが水作りに強力で、一気にろ過して早い。見るとフィルタの底が黒く、鍋を拭くとティッシュも真っ黒。新しい人が居ると新しい技術を学べて良い。’ヘッデン’が通じても’ペチャポリ’が通じなかったりしてそれもまた楽しい。
H多さんが明日誕生日(ついでにN野も先週)であり。T村さんがサプライズでケーキを出してくれた! テントの誕生日は初めてでうれしい。
N野の半額餃子鍋にH多さんの朝食鶏肉も加えて食べ。T村さん持参の’サングリアの素’粉末をホットワインに仕立て楽しんで。いい気分で寝る。

12/13日 曇・風雪 05:00起床-07:00BC発-08:30日光白根-10:30?五色沼・BC-12:00菅沼P
 6時発のつもりがお茶・ほうとうを楽しんでいるうち7時発となる。昨夜軽く積もったようで、ガスで景色もない。白根北面を直登する。以前滑落停止したルンゼも、今回はガレガレのまま。それでもアイゼンは使える。風は冷たく時折小雪も振り付け、時十分に冬山。山頂に着くもガスで景色がない。その上岩場を廻り込むので方向感覚が狂い迷いがち。それでも丁寧に道標と踏み後を辿って五色沼避難小屋に着く。小屋は毛布布団もあり快適そう。
弥陀が池に出ると、予想外に大勢の登山者。皆が氷で遊んでいるなか、残置テントが少々目立つ。
撤収中、HONDA車の鍵を拾う。T村さんのではない。仕方ないので駐車場まで運ぶ。駐車場でリモコンおして、一応HONDA車全ての鍵穴に突っ込んだが該当車がなく。前週以前の忘れ物であったのだろうと推論して、ゲートに鍵を残した。
 T村さんお薦めの鶏唐揚げが美味しい店がまさかの改装休業。後ろ髪引かれながらも片品村道の駅で食事し。白根温泉(800円)の大露天風呂を満喫して。復路も圏央道で渋滞回避して夕方には帰京できた。

装備 :ガス中1、補助ロープ、スコップ2

所感 :例年この時期ギリでアイゼン訓練できたが。今回は訓練なんておくびにも出ないような貧雪。もうずっとこうかもしれない。それでも年末前の足慣らしは大事なので、また出したい。