◆日程:2020/8/15-16
◆形態:無雪期登山
◆人数:1名
◆ルート:別当出合~御前峰~大汝峰~白山室堂(泊)~御舎利山~別山~三ノ峰

報告:N谷

三ノ峰2128mは福井県最高地点(南側2095m)含み47都道府県最高峰・最高地点めぐり最後の登頂になりました。
また白山三山は御前峰2702m・大汝峰2680m・別山2399m(剣ヶ峰2677mへは登山できない)で、前回の白山山行で別山までは行かなかったので今回登頂できました。
金沢からバスで登山口の別当出合に行きたかったのですが今年は運休で松任からで…白山は火山帯の国立公園だからかバスの乗車から今までの対応とは違っていました。
ボランティアスタッフ(多分)が何人もいて乗車の際は検温でお墨付きの「検温良」と日付が書かれた付箋サイズのシールをもらい下山まで持っているようにと…
乗車数は十数人で市ノ瀬でマイクロバスに乗換えですが…市ノ瀬も、また別当出合でもスタッフが何人もいて登山届提出の確認や下山カードも用意されていました。
別当出合から白山室堂まで2ルートあり前回下山に使った観光新道を今回は登りで…殿ヶ池避難小屋から白山室堂周辺は立秋が過ぎても高山植物がまだ沢山咲いていて楽しめました。
宿泊の白山室堂センターの入館前にも検温でお墨付の「宿泊可」と日付が書かれたシールをもらい目に付くところに付けるようにと、受付はビニールシートがびっしりかけられ受付に並ぶのもソーシャルディスタンスで足元に位置シール、もちろんマスク着用は必須。
今年は布団提供はないので寝具持参と言われ、そのかわりと小屋で使用できる500円券をもらえました。
室堂センターはいくつもの棟に分けられており素泊まりの棟の各部屋は上段8人、下段8人の本来16人部屋ですが部屋の各角にビニールシートがひかれその上にシュラフを置くようにと現在は4人部屋対応になっていました。
お盆休み期間だったので登山者も多く受付時には約20人位の人を見ましたが…結局1人の個室状態でした。
御前峰・大汝峰・別山の白山三山はいずれも祠の周りに石がレンガ積みのように囲われて日本三霊峰の富士山・立山そして白山と…あらあめて意識しました。
別山から三ツ峰への縦走中は日差しの強い晴れ間もあり緑の美しい山々で石川県・岐阜県・福島県そして富山県と4県に広がる白山の雄大さを感じられました。
岐阜県側の「いとしろ登山口」から一ノ峰-二ノ峯-三ノ峰と登頂している人々もいていつかこの縦走ルートも歩いてみたいと思いました。。
下山の福井県側の鳩ヶ湯温泉では受付だけはビニールシートがかけられ検温・マスク必須ですが…
石川県側のスタッフ大勢の対応とは違って温泉施設のスタッフだけの静かな場所でした。