◆日程:2017/11/3-5
◆形態:岩登り
◆ルート:屋根岩2峰~スラブ状岸壁ガマルート~小川山レイバック
◆人数:2名

11/2木 23時新宿西口~02:00道の駅清里
須玉IC出口にローソンあり
屋根付きでよい仮眠地であったが。明け方ゴミ回収がきて早くにたたき起こされる。

11/3金 屋根岩2峰 南稜~セレクションとセレクション下部
セレクションを目指したが取りつきがわからず、南陵下部から取りつく。しょっぱな安井さんリードで以降交代。悪くも無くむずかしすぎず。
最終ピッチは右にエスケープ。終了後懸垂してセレクション上部の最終ピッチ5.7を安井さんリードでトライ。高度間あるスラブの水平バンドをトラバース。アンダーも効くしカムも効くが、ナチュプロでこの高度間は、リードしたくないもの。最後は水平クラックをヘッドスライディングの要領で抜ける。
50M2本の懸垂で取りつきへ。途中橋本さんがATCを落とすアクシデントあったが、奇特な方が取りつきにおいていてくれた。
セレクション取りつきの5.7程度を一本リードして遊んで、帰る。
薪を拾ってたき火遊びして、寝る。

11/4土 春の名残雪、スラブ状岸壁ガマルート
なごり雪は1Pのスラブが厳しく、即返り討ちにて撤退決定。
ガマルートは律儀にガマスラブから取りつき。ツルベでいいかんじに抜ける。下降後、各自ガマスラブを1本づつリードしたところで小雨で終了。ここでも橋本さんがヌンチャクを落とすが、またも奇特な人がザックにおいてくれていた。

11/5 日 小川山レイバック、近隣のボルダ岩
小川山レイバックを見学までに。先行1Pを見ているだけで指が痛くなり、そそくさと撤退決定。近隣のボルダ岩に裏から上がってトップロープ設置。
クラックルートとスラブルートを適宜遊んで、10時程度に終了
風呂は前回と同じ温泉であったが。食堂は例によって遅く。須玉ICのチェーン店に入った方がよかった。
軽い渋滞あったが、16時新宿着。

なお;
この時期の小川山は、10時過ぎ取りつきがよい。岩が日向になる。
食事と買い出しは、須玉ICが充実
たき火遊び装備必須。美麗中の防寒具は当然
N野