◆日程:2022/4/24(日)
◆形態:山スキー
◆人数3名(K野、Y科、S澤、S京、I崎)
◆ルート:鳩待峠〜オヤマ沢田代〜至仏山〜小至仏山コル〜オヤマ沢〜鳩待峠

(記録:I崎)
 鳩待峠まで道路が開通して最初の週末、混むことは予想していたが戸倉の駐車場に着いてあまりの車の多さにビックリ。鳩待峠も登山者、ボーダー、山スキーヤーで混雑していた。ガスの中シールで歩き始め小至仏山の手前でクトーを付けた。至仏山の山頂は風があってガスガス、でも滑走を開始する山スキーヤーも多い。我々は風が弱かった小至仏山とのコルまで戻ってしばらく様子見することにした。20分ほどしたら少し明るくなったのでワル沢に向けて慎重にドロップイン、視界はあまりなかったが斜面はツルツルのザラメで400m大斜面を滑走出来た。ワル沢を渡ってオヤマ沢に下りシールで鳩待峠に登り返した。
 青空の下尾瀬ヶ原を眼下に大斜面を滑走するという理想は叶わなかったが、悪天の割には楽しめた山行でした。

コースタイム
鳩待峠08:30〜オヤマ沢田代10:00〜至仏山11:00〜11:30小至仏山コル11:50〜オヤマ沢12:20〜鳩待峠13:10