山域:四阿山
コース:四阿高原ルート
日程:前夜発11/29
メンバー:S木、A原

日曜は平標山の予定だったが、天気予報に☂マークや☃マークがあり、ノーマルタイヤで湯沢に乗り込むにはいささか勇気があったので、☀マークが並んでいる四阿山に転進することにした。
土曜の夜は草津のケンちゃん山荘。
翌朝、パノラマラインを経由してあずまや高原ホテルの登山口に移動。ところどころうっすら雪をかぶった路面に緊張。
登山口にあるあずまや高原ホテルは閉鎖されたようだ。

8時半スタート。前日の降雪で森の中は雪景色だった。鼻呼吸の冷ややかな空気や頬や耳に感じる気温に、ああ雪の季節が来たなあ、と嬉しくなる。
林道から牧場にでて有刺鉄線の脇を行く。雪は深いところで10センチほどあったが先行者のトレースがあり問題なかった。
振り返ると北アルプスの峰みねが望めた。牧場から森に入る。一面の笹原だ。雪で嵩を増した笹が道を覆うようなり、笹ラッセル。
傾斜が出てきて、ふーと見上げると見事な青空。ドラえもんブルー!

笹原を抜けると展望が開けてくる。噴煙をあげる浅間山、富士山、八ヶ岳、アルプス連山、すべて見えた。
ひとにはほとんど会わなかったが中尾根と合流をすると多くの登山者と会うようになる。
山頂直下は階段歩きとなり、祠を過ぎた先に山頂があった。
越後や北関東の山やまも視界に入るようになりぐるーっと360度、素晴らしい眺望だ。
風が出てきたので標高を下げ休憩をとった。
風が収まり陽ざしがまぶしく、目の前にアルプスの神々しい峰みねがあった。
下りは雪に足を取られ時どきバランスを崩すが、あっという間に牧場まで降りてきた。
13:45下山。おつかれした!

私は3週間ぶりの山歩きだったが、順調に歩けたつもりだがやっぱりカラダは正直で、ゴール近くでは前ももが攣ってしまいトホホだった。
ケンちゃん、リハビリ山行にお付き合いしていただきありがとうございました。楽しかったです。
いよいよスキーシーズンですが、いいトレーニングになりました。
また遊んでやってくださいな。