◆日程:2021/7/15-17
◆形態:沢登り
◆人数:N山、S口、T崎
◆ルート:
7/15(木) 笠堀ダム-大川出合-テンバ 
7/16(金) 東又沢-中滝沢出合- シシマキ沢手前
7/17(土) シシマキ沢-雨量計小屋-粟ヶ岳-北五百川登山口-
    タクシーで車回収

報告 N山

 登山口でタクシーを呼ぼうとした際、日の丸観光タクシーヒメサユリ営業所が最も近いタクシー会社とのことでしたが、「登山口名だけではわからない、googleで住所調べてから連絡しろ」など要領を得ないので、三条タクシーに電話したら、忙しい中、車の手配を付けてくれて、すぐに動いてくれました。運転手もキノコ狩りの名手らしく、車をデポしてあるダムまで楽しい話を聞かせてくれました。

 虫に守られた下田(しただ)の沢の事は昔から聞いていたのですが、梅雨明け直後の7月中旬なので、行動中は虫が多いことをそれほど感じませんでしたが、泊地での夕立のときにタープ下に大量に避難してきたようです。
 3人とも降りてからジンマ疹に苦しみ、そのうち一人は入院ということで、滝グレード4級、沢グレード3+級、虫グレード4級(8月は5級)という感じでしょうか。水量、水温、虫、天気のことを考えると、9月中旬がベストシーズンなんだと思います。 
 事前に訓練をやって、プレで丹波川本流を遡行していたので、メンバーに不安はなかったです。ただ、あまりあとさき読まずに(水の流れだけは読んでますよ)に前進するリーダーに対して、メンバーが不安を覚えていたようです。
 記録は沢の悪口が多いですが、いやよいやよもなんとかで、多分似たようなところにまた行きたくなるんだと思います。でもしばらくは虫が少ない北アの沢とかがいいかな。インパクトある沢とメンバーに感謝。