◆日程:2021/7/12
◆形態:無雪期バリエーション
◆人数:2名(M上、H芳)
◆ルート:玄倉バス停-穴の平橋-小川谷-東沢-東沢乗越-裸山丸-向山丸-玄倉林道-玄倉バス停

報告:M上

 ホリホリと夏場に向けてトレーニングを兼ね西丹沢の同角山域の少しきついコースに出かけました。
 目指すピークの東沢乗越までは快晴に中、普段は山靴で登れる沢ですが水量が増えていると想定していたので沢靴も用意。
蒸し暑い天候でしたが水の中をヒンヤリ遡行し乗越につけました。
 その後下降コースの裸山丸に登り玄倉川を目指して下降したのですが途中か突然雷と豪雨があり一時間以上続きました。
私の判断ミスもあって悲惨な下降を続け川原におりましたが玄倉川はすでに濁流となりとても渡渉できる状態ではありませんでした。
 そこで西側の尾根に登り返し小川谷を渡ることにしました。
 小川谷はいつもより水量はありましたが渡渉には問題ななく渡ることができました。
 結果的に玄倉のバス停に着いたのは20時を過ぎていましたのでタクシーを呼んで帰宅しました。
 この時期だからでしょうか、二人ともヒル総攻撃に会いました。
こんなに嚙まれたのは3年前出かけた西表島の横断以来でした。