◆日程:2021/5/20
◆形態:無雪期登山
◆人数:1名(I崎)
◆ルート:みつまたスキー場〜神楽峰〜苗場山

報告:I崎

 スキー場の営業が今週末までとなっておりゴンドラの山麓駅までしか車が入らずそこからの出発となった。雪融けの進んだコースを登って行くと山頂駅上部のゲレンデが見えてきたが、係員が必死になって雪を寄せてコースを作っても半分は草地、こんなんで客は来るのかな?
 リフトトップからはさすがに雪は繋がっていた。稜線に出るとお待ちかね苗場山が登場。山スキーの時には絶望的に離れているように見えたが今日は楽勝に見える。先日の上越国境のアップダウンで少し鍛えられたか。
 頂上台地の湿原では池塘が少し現れていたが頂上の標識はまだ1mほどの雪の中に立っていた。梅雨の晴れ間?ということで北アルプスや我が昭和村、赤城山もしっかり見えて大満足。
久しぶりのグリセードも混じえてランランと下りていくと、平日にもかかわらず大勢のスキーヤーが名残りの雪を楽しんでいた。

コースタイム
かぐらゴンドラ山麓駅05:20〜リフトトップ07:40〜神楽峰08:30〜09:40苗場山10:00〜神楽峰11:00〜かぐらゴンドラ山麓駅12:30