◆日程:2021/5/7
◆形態:山スキー
◆人数:4名(T村M、T村E、A原、T山)
◆ルート:御池P~広沢田代~熊沢田代~燧ケ岳~熊沢田代~1986mピーク~広沢田代~御池P

報告:T村M
 前夜は練馬高野台駅に集合し、外環-東北道を進み、西那須野塩原ICで高速を降り道の駅番屋で仮眠。朝、7時頃御池ロッジPに到着。既に20台ほど止まってました。駐車場からシールで遡行開始、雪はまだ十分にあり柔雪のため、広沢田代までの急斜面、熊沢田代手前の1986mピークの巻も多少ズルズルはありましたが、問題なく通過し、燧ヶ岳山頂までペースはゆっくりですが、一度も担ぐことなくシール&クトーで登ることが出来ました。天気は朝、薄曇りでしたが、だんだんピーカンの天気になり、山頂では360度の展望が望まれました。下山は、燧ヶ岳山頂から滑降、急斜面もザラメ雪で楽しく滑れ、熊沢田代、広沢田代からの下りもヤブに阻まれることなく快適に滑降でき、御池Pまで楽しく滑り下りることが出来ました。桧枝岐の温泉はコロナや改装等で燧温泉のみの営業でしたが、それほど混んでいませんでした。楽しい山行でした。