◆日程:2020/2/23-24
◆形態: 雪山登山
◆人数:3名

新穂高温泉~西穂山荘BC-独標ピストン

報告:N野

期日 :2020/2/23-24
メンバ :CL N野、A上、T橋

 「ロープウェー風で停まってるってよ」とAさんがスマホのHPで気づいたのは、小淵沢手前の八ヶ岳PA。前線通り過ぎたのに、高気圧来
るのに、降水予報0%なのに、ナンで?!。と愚痴りたいところだが山の転記は仕方なく。 南八転進か突っ込むか、を確認したところ、皆
「気分は西穂だから」と突っ込みに合意。「だめなら温泉宿だね」とも。
 渋滞も雪も無くサクサク車は進む。が、安房トンネルを抜けたらそこは雪国だった!。風と飛雪で視界が白い。すれ違う車の屋根の雪
が高い。新穂高の登山センタでしばし粘るが、受け付けで「今日は見込ないです」ととどめを刺され、諦める。
 栃尾他も廻り、ほどよくさびれた旅館を一人一見づつ飛び込み素泊まり交渉する。コロナでガラガラと思いきや、あんがい満室で断ら
れる。それでも3件目?公示価格が1万●円のホテルを交渉して値下げ妥結。 酒買い足して風呂入って部屋鍋して寝る。

 翌朝は快晴。9時の始発にツアーバスの客が並ぶ。誰も感染しないと信じているのだろう。ワカンはRW駅にデポ。小屋まで1時間、小屋
から1時間で独標。丸山から上はなかなかな強風。昨日の運休も納得。 独標は行列。登りは良いが、下りが悪い。安全をみて確保で二
人を下す。 N野はフリーで降りるが、正直気色悪い。よくみんなフリーで降りるものだ。

 さくさく降りて。沢渡せせらぎの湯520円、みどり湖PAで食事して、散発渋滞こなして21時帰京。