山域:裏妙義
ルート:谷急沢右俣〜谷急山〜谷急沢左俣下降
日時:2019/10/6
メンバー:I崎、S佐

報告
2週続けて赤城ベースの日帰り沢に登って来ました。
閉鎖された国民宿舎に車を停めて林道を進み深沢橋から入渓、先行パーティがいるようだ。
二俣を右に入る。直登出来る滝とミニゴルジュ、癒し系のナメを快適に登って行くと藪漕ぎする事無く稜線登山道に出た。
左俣目指して縦走路を進むがさすが妙義、大岩壁がサクッと現れキレットまである。滅多に来ない山域なので谷急山のピークを踏むことにする。
左俣への下降点で谷急山から降りてきた先行パーティ3人と出会う。荷物をデポして頂上を目指す。1162mの頂上からは妙義の岩峰群が楽しめた。
左俣はナメが多く下降に適した沢だった。下山後は磯部温泉恵みの湯で汗を流し、S佐さんと安中榛名駅で別れて赤城に戻った。

コースタイム
旧国民宿舎7:50〜谷急沢入渓8:30〜二俣8:50〜稜線11:00〜谷急山12:30〜左俣下降点13:00〜旧国民宿舎15:30