◆日程:2019/4/6

山域:越後三山
ルート:越後駒ヶ岳
ジャンル:山スキー
メンバー:I崎、H口

報告:I崎

石抱橋07:00~柳沢分岐08:30~白沢900m10:00~1396ピーク12:00~白沢ドロップイン1410m14:10~白沢1290m~1459稜線14:40~石抱橋17:00

シルバーラインが開通して週末では初の山スキー日和で登山口には10台くらい駐車していた。柳沢の分岐では尾根と柳沢へのトレースがついていたがもしかして白沢の雪が繋がっているかも、というスケベ根性からあえて白沢を進むことにした。しかし900m地点で大きな滝が現れ右岸に逃れそのまま1396の尾根を目指した。1396から先は痩せ尾根となっておりスキーを担いでまさに修行、雪は軟らかかったがH口さんにとっては非常にシビアなピッケル、アイゼン初挑戦となった。白沢を挟んだ稜線からは4名がドロップインして、また登り返していった。2時間かけて痩せ尾根を突破した時点で頂上をあきらめ白沢にドロップイン、ようやく雄たけびを上げることができた。先ほどの4人の登り返しトレースを利用して稜線に着いたのは15時近かったが越後駒ヶ岳が悠然とたたずんでいた。幕営予定だったのでゲートの時間を気にすることなくモナカ雪に太ももが悲鳴を上げながらゆっくり下山。それでも途中2パーティーを追い抜き17時に石抱橋に帰り着いた。