◆日程:2018/5/5
◆形態:沢登り
◆ルート:入渓点(青野原キャンプ場付近)~大滝~終了点付近~林道
◆人数:2名

報告:N山

車なら橋本駅から30分で入渓点に到着でき、遡行も3時間程度というコンビニエンスな沢。R413から県道518に入り、道志川を渡った200m程先に駐車スペースあり(狭い)。
入渓点は伏流しており、テンションが既にミニマム。15m滝ですこし回復したものの、丹沢の谷200の表紙になっている切通しの箇所はS田さんが「う~ん。こんなハズでは・・・」で微妙な評価。
高巻きでは岩場下をトラバースするところでロープを使用。下りでヒルに吸い付かれながら、終了点は墓で終了。
林道に出て、血を吸って丸々と太ったヒルを火あぶりにしたり、飽和食塩水で溶かしたりして処刑。バチがあたり、帰りの車のなかでは足が血だらけになり、サンダルが滑ってブレーキが踏みにくくなった。
幽玄な切通し、怪物(ヒル)、墓場、処刑、血だらけで幽霊屋敷みたいな沢でした。行くなら晩秋か早春がお勧めです。