◆日程:2018/4/29-30
◆形態:山スキー&ハイキング
◆ルート:御池~燧ヶ岳~東田代~御池(泊)~姫田代~御池
◆人数:3名

報告:I島

御池の駐車場は解放されていました。
数パーティーが出発していくのをみながら、ゆっくり支度して燧ケ岳に登りました。
快晴、風もなし。それでも大汗をかく程の暑さはなく、
最初の急登で他パーティーを抜いたり、追い越されたり。
女性が多かったです。
雪は適度に溶けていて登りやすかったですが、降りてくるスキーヤーは気合いのターンをしていて
滑りにくそうでした。あれれ、と心配しながら登頂。
ゆっくり眺めを楽しんでから滑ると、それほど雪は腐ってなかったです。楽しかったです。
東田代に向かう沢の中を滑りました。沢がところどころ出ているところもありましたが滑って降ります。
下部はスキーを脱いで歩き、林道に出ました。
林道にはフキノトウがいっぱい。積みながら帰りますが、なかなか御池が現れません。
どうも予定より沼山峠よりの沢を降りてしまったようです。
林道歩きが長くなりましたが、フキノトウがいっぱい採れました。

二日目は大杉岳と思っていましたが、雪が少なく滑れそうにないことと、腰痛が不安定なため(申し訳ないです)
姫田代までハイキングに行きました。最近はやっているスキー理論を話しながら楽しい散歩でした。
途中降りてくるスキーヤーに会いました。御池に3日目で、広沢田代の辺りから滑ってこられたようです。
姫田代で休んでいると入り口付近で追い抜いたペアが、フル装備で通り抜けて行きました。燧裏林道から尾瀬に抜けるのでしょうか。
尾瀬は広くて、雪の時期いろいろに楽しめるところなんだと再発見しました。

パーティーのこのような計画をありがとうございました。体調悪い私でもスキーを楽しむ事ができて幸せです。