◆日程:2018/1/14
◆形態:山スキー
◆ルート: 二居~東谷山~貝掛温泉~二居
◆人数:3名

詳細報告はこちら

2018年1月 東谷山山スキー
報告:T野

報告–A原

土曜の仮眠はI島ハウス。いつもすいません&ありがとうございます!
日曜まだ暗い5:30に出発。関越に乗る。三国峠では吹雪模様でうしし。

田代スキー場にクルマを置き、計画書を提出し9:20出発。国道を渡り、スキーをつける。
昨夜の降雪でか、たんまりの雪だ。
新しいトレースがあってありがたく使わせていただくが、二居峠で先行のスキーヤー2名に追いつき、さらに先行のスノーシュー組2名に痩せ尾根で追いついた。スノーシュー組は深いところは腰まで潜っていた。これでトップ、ラットレラットレ。

痩せ尾根から傾斜がゆるくなるとダケカンバとブナの巨木がめだつ。どの樹も凍えるような雪を纏っている。
もりーいいねー!と雄叫びを上げながらラッセルに精を出す。うししうしし。好きなところを汗かきながらラットレラットレ。楽しいなあ。
舘野Lから1本する?と聞かれるも山頂まで標高差50m。いっちゃおーよー!で行くが、ここからがだらだらーとした登りで意外と時間を食う。

山頂12時。二居から2時間40分で来てしまった。ここには4-5回来てるが最短記録!
後から着いたスノーシュー組が、スキーって潜らないし早いですねーと、スキーの機動力を絶賛していた。それほどでも~(ってハナタカダカ)。

さて、では白い粉いただいちゃいましょー。
コンパスを合わせ、いざ!!うほうほ、ほーっ!!森のなかにモンキーズの雄叫びがこだまする。バージンな激パウだ。
かなりの急傾斜で雪煙を顔に浴びながらモフモフの深い雪を堕ちるように滑る。浮遊感を楽しみ、酔い、怖くなって抗うが負けて立ち止まってしまう。
この森のいちばんいい状態を滑れるシアワセ。まさに白い粉に狂った私。来てよかった。

急斜が終わり藪が顔を出してきて杉林になると、あとは貝掛温泉のバス停までひと滑り。橋を渡り、1回スキーの脱着をし、国道のガードレールに沿って一気に飛ばす。
13:13のバスに乗車し、田代スキー場に戻ってきた。おつ!

温泉はまんてん星の湯。打ち上げは新治のラーメンハウス。うまし!
東谷山は東京から近いし雪はいいし人はいないしで、三拍子そろったとても楽しいお山でした。
帰りに見た平標の登り口にはわんさか車があったけど、こちらはスキーは2Pだったね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA