◆日程:2017/12/23
◆形態:ハイキング
◆ルート: 房総・浜金谷駅~鋸山~小鋸山~保田
◆人数:7名

12/23-24
S田、A原、他5名
房総・浜金谷駅~鋸山~小鋸山~保田

新宿バスタから木更津へは高速バスで向かう。乗客数わずか5名。
車窓の工場萌え~の景色とギンギラの朝日に照らされた海を見ながらの朝ビーがまたうれし。
木更津からは電車で浜金谷駅へ向かう。

浜金谷駅からそぞろ歩きで登山口へ。今回はアドベンチャーコースにチャレンジ。
コースの始まりにはドクロマークの看板。盛り上がるねえ。
ロープや石切り場や急な階段のアトラクションがなかなか楽しませてくれる。
足元が急なうえに落ち葉が積もっていて滑りやすかった。
なんなく鋸山の山頂についた。
次に、嵯峨山へは林道コースの看板方面へ。しばらくして林道に出たが、ここから郡界尾根へ行くのだが標識が出ておらず、地図をみてもよくわからずうろうろしてしまった。
結局、右の道を少し行くと「嵯峨山」「郡界尾根」の小さな看板があった。
痩せ尾根や細尾根、小さなアップダウンが続いた。
小鋸山山頂からはこれから行く千葉のグランドキャニオンが見渡せた。
って砕石場跡なのだけど、荒涼としたところでいまにも仮面ライダーVS秘密組織ショッカーの戦闘シーンがありそうな雰囲気ぷんぷんである。
そこから赤布に導かれ樹林帯に入る。アップダウンが続く。アトラクションも尽き単調な歩きが続き、嵯峨山はパスしようか、となった。
すると突然猟友会の人が現れた。下界に降りるショートカットルートを教えてもらった。
そのルートを行き、やがて暗い樹林帯から抜けまっ白な水仙畑が広がった。
疲れが吹っ飛ぶほどの美しさだった。

緩やかな下り道を行くと、小保田のバス停に出た。
タクシー組と歩き組にわかれ、今晩の宿道の駅保田小に向かった。
保田小ではお風呂をいただき、夜は併設のイタリアンでイブイブを楽しんだ。

翌日は曇りだったが、バスで佐久間ダムへ行き水仙を愛で、またバスで保田に戻り、地元物産を買い出し、ばんやでイブランチをとった。

野菜や米や醤油や干物をザックいっぱいに買い込んで東京へ帰る様は、まさに戦時中の闇市のようでした。

楽しいクリスマス山行でした。
また来年もたくさん遊んでください!

A原

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA