◆日程:2017/7/30
◆形態:沢登り
◆人数:4名

■山域: 丹沢
■ルート: 中川・マスキ嵐沢
■日程: 7月30日
■メンバー: T野・H本・Ⅰ井・T中M
■報告
会津の硫黄沢からの転進で西丹沢の下棚沢に行くつもりで仮眠場所として「道の駅山北」に着いてみると、飯豊の沢に行くはずだったトマの風とか鈴蘭といった沢の会が大集合!!
早朝は走り屋のレーシングカー通称トヨタ86が20台以上大集合!!「道の駅山北」は営業時間外がにぎやかだ。
さて朝目が覚めても雨が降っていてテンションダウン。でもここまで来たからにはどこか登りたい!!結局、「この辺りで一番ポピュラーかつ経験のあるマスキ嵐なら何とかなるでしょう!!」ということで小雨の降る中入渓する。私は4回目だが、最後に入渓したのが2009年、もうほとんど忘れている。最初から小滝が連続しておもしろい!!こんな感じだったけ?そこそこ高い滝もあればちょっとハングしている滝もあるが、いい感じのガバがあったりしてどの滝もそんなに難しくなく直登できる。ただ前回行ったときに核心の滝があった上部を間違えてこの滝が現れなかったのがちょっと残念だ。どこかの二俣を左に行けばよかったと思うのだが、素直に登ってしまうと今回のルートに入ってしまう。まあ、それ
でも結構楽しめました。下山は西丹沢に向かって下棚沢の大滝を見に行くことにする。ここもルートがわかりにくく、直角の折り返さなければならない分岐をまっすぐ行ってしまい途中で間違えに気づいて戻るという一幕も・・・。20分くらいロスしたが、ちゃんと気づいたので良しとしましょう。最後はしっかり下棚沢の大滝を見学して、西丹沢バス停でバスの時間を見ると2時間後・・・。2.6km下に置いてきた車をだれが取りに行くかを決めるじゃんけん大会!!車の持ち主のⅠ井さんが見事にその栄誉に輝き、走って行ってくれた。ありがとね。

T野

2017年7月 マスキ嵐沢

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA