◆日程:2017/5/3-7
◆形態:山スキー
◆ルート: 以下の通り

5月3日(水)買い出し+足慣らしスキー
①ロープウェイから酸ヶ湯温泉
S治、K原、T山、(E居)、N口、T孝、T陽
予定していた中央ルートが雪が切れて閉鎖になっていたので、宮様ルートに行きました。
結構、シールなしで歩く機会が多く、手ごろな足慣らしコースでした。

5月4日(木)
②猿倉岳から乗鞍岳、赤倉岳縦走
S治、K原、T山、(E居)、N口、T孝、T陽
3倉縦走は、本格的なスキーツアーでした。
ピーク毎の滑りも快適ですし、なんといっても、雲ひとつない快晴の中、景色を見ながらの歩きが最高に気持ちよかったです。
4月に入った段階では雪が多かったはずが、温暖な4月のためかやや少なめ赤倉からの下りでは最後で雪が切れて、雪を拾ってのスラローム+林道歩きになりました。(スラロームも面白かった)
でも恐れていた藪コギはなく、充実の1日でした。

5月5日(金)
③逆川岳から櫛が峯、駒が峯縦走
S治、K原、T山、(E居)、N口
全日の疲れで寺西夫妻が休養日。
このコースも本格的ツアーで、晴天ではあるけど、少し雲があるのがかえって涼しくて助けになりました。
時間が早かったせいか、前半はほとんど人に会わず、静かな山を楽しめました。
後半の櫛が嶺はさすが南八甲田の最高峰で、人気抜群です。
人がいっぱいいました。
最後はパラダイスコースを滑りましたが、広大、長大でした。

5月6日(土)
④八甲田ロープウェイから赤倉岳、高田大岳縦走、谷地温泉まで雨が降ったので、完全休養。三内丸山遺跡を見に行きました。
2日間フルに動いた後だったので、ちょうどいい休養日になりました。

5月7日(日)
岩木山嶽コース
S治、K原、T山、(E居)
N口さんも離脱して、4人で行きました。
朝雨が降っていて、上部も強風だったため、当初予定の百沢コースは諦めて、一番手軽な嶽コースを滑りました。
最初から最後まで滑りのみでツアー最終日の整理運動に良かったです。
林間の滑りは木の間隔も広く、楽しい滑りでした。

S治

20170503GWスキーツアー概要と岩木山スキー報告(HP用)

逆川岳から櫛ケ峯と駒ケ峯 報告:N口