◆日程:2017/2/11-12
◆形態:山スキー
◆ルート:峠駅~栂森~滑川温泉(泊)~峠駅
◆人数:1名+α

バサバサと雪が降る中、トレースのトもないこんもりとした道を2時間半かけてラッセルしました。

冬の滑川温泉詣では3年目ですが、いちばんの積雪量でした。
といってもスキーで膝下くらいなのでたいしたことはありません。
それでも2番手3番手のワカン組はさらに潜って歩きずらそうでした。
平坦地のスキーラッセルは機動力がバツグンですね!
青空がのぞいたり無風になったり吹雪になったり、大忙しの天気でした。

電球の明かりが灯る宿は私たちの貸切り。
白濁の湯に浸かり、担ぎ上げた食材ですき焼きを作り、美味しいお酒をいただきました。

夜どうし、ガラス戸をたたく吹雪の音は朝まで続き、宿の人が心配してくれて、もう1泊していけば、と声をかけてくれますが、当の本人たちは朝からおはビー。
10時過ぎに重い腰を上げて、出発しました。
昨日のトレースはほとんど消えていました。萱峠からはスキーで滑れるかと思いましたが、雪が深すぎて漕ぐことが多かったです。

レガシーには20センチ以上の雪が積もっていました。
誰ひとりにもあわず自分たちの楽しい山行ができました。

A原

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA